コラーゲンの基礎知識

コラーゲンドリンクはいつ飲むのが正解?飲むタイミングや効果的な飲み方3つのポイント

2021年1月9日

ドリンクで気軽にコラーゲンを摂取するという方も多いと思いますが、いつ飲むのが一番効果が出るのか、気になりますよね。

コラーゲンドリンクを飲むタイミングは、夜寝る前がおすすめです!

なぜ夜寝る前が良いのか、そしてコラーゲンドリンクの効果的な飲み方は何かなどを含めて、ご紹介したいと思います。

コラーゲンドリンクはいつ飲むのが良い?効果的な3つの飲み方を教えます

コラーゲンドリンクを飲むタイミングは人それぞれかと思いますが、実際には1日の中のどこのタイミングで飲むと効果があるのでしょうか?

今回は、コラーゲンドリンクを飲むのにおすすめのタイミングを3つご紹介します。

ご自身の生活スタイルとも合わせて、どのタイミングでも飲むのが良いのか考えてみてくださいね。

1.夜寝る前

コラーゲンドリンクは夜寝る前に飲むと効果がアップするとされています。

夜の10時から2時の間はお肌のゴールデンタイムと言われています。

この間に成長ホルモンが活発に分泌されますので、この時間帯に皮膚のコンディションをサポートするコラーゲンを摂取すると、より効果を得ることができますよ。

寝る前なのでぐっすりと睡眠を得るためにも、カフェインレスのコラーゲンドリンクを選ぶと良いでしょう。

2.食後

美肌やエイジングケアも兼ね揃えたコラーゲンドリンクを飲んでいるという方は、食後に飲むのがおすすめですよ。

そのようなコラーゲンドリンクにはビタミン成分が多く含まれています。

ビタミンは食後に摂取した方が吸収がゆっくりになり、空腹時に飲むよりもしっかりとビタミンを吸収することができると言われています。

より効果的に栄養を体内に取り入れたいというのであれば、食後に一杯コラーゲンドリンクを飲むのも良いですよ。

3.お風呂上がり

コラーゲンドリンクは毎日定期的に飲むことが大事になります。

生活習慣として身に付けるためにも、毎日お風呂上りに飲んでいるという人も多いようです。

バスタイムの後の乾いた喉にうるおいのあるコラーゲンドリンクを飲むとすっきりしますし、体にも染みわたっているという実感が持てますよ。

夜10時近くにお風呂に入っているという人は、お肌のゴールデンタイムとも重なるので、ちょうど良い時間帯と言えるでしょう。

効果期待大!コラーゲンドリンクの効果的な飲み方とは?

コラーゲンドリンクを飲むだけでも効果は感じられますが、もっと効果が上がるような飲み方を知りたいですよね。

日常生活の中で、どのようにコラーゲンドリンクを取り組めばより効率よく栄養を取り入れることができるのでしょうか?

タンパク質とビタミンCを含んだ食事の時に飲むと効果的

コラーゲンをより効果的に摂取したいということであれば、タンパク質とビタミンCを含んだ食事と一緒に飲むと良いでしょう。

コラーゲンは、タンパク質(アミノ酸)にビタミンCと鉄が働きかけて作られます。

これらの成分が足りないとコラーゲンが上手く作られなくなり、細胞と細胞の間が離れて、お肌の生成も上手くいかなくなってしまいます。

よって、コラーゲンの生成をサポートするタンパク質やビタミンCを含んだ食事を一緒に摂ることによって、より良いコラーゲンが作られることが期待できます。

ヒアルロン酸は一緒に摂るとコラーゲンをサポートしてくれる

ヒアルロン酸もコラーゲンと共に摂ると効果が期待できます。

ヒアルロン酸は、コラーゲンと同じく真皮にある成分で、コラーゲンとは相互作用があると言われています。

どちらの成分が不足しても肌には悪影響があり、どちらの成分もバランスよく摂取することが大事になります。

ヒアルロン酸はコラーゲンの生成をサポートしてくれる役割もあります。

より美肌を目指したいという方は、ヒアルロン酸を含んだサプリやドリンクも一緒に飲むと、より効果が期待できるでしょう。

コラーゲンドリンクは1日に何本飲むと効果的なのか?

「コラーゲンは飲んだら飲んだだけ効果がある!」と思って、1日に何本も飲むという方がたまに見受けられます。

しかし、その飲み方では正しい効果を得ることができません。

コラーゲンドリンクは正しい摂取量を守って飲むことが、美肌への近道になりますよ。

コラーゲンの摂取量は1日で5~10g

コラーゲンの推進摂取量は、1日に5~10gと言われています。

でもそれはどれくらいの量なのか…想像するのがなかなか難しいですよね。

コラーゲンを含む食品としても知られる手羽先1本につき、含まれているコラーゲンの量は約0.2gです。

コラーゲン5g摂取するには、計算上だと手羽先を25本摂取する必要があります。

1日でこれだけの量を食べるというのは現実的に難しいですよね。

すので、1本で多くのコラーゲンを摂取できるコラーゲンドリンクを生活の中で上手に取り入れると、必要な摂取量を摂ることができるでしょう。

各メーカーの摂取目安量をしっかりと守ろう

コラーゲンドリンクを飲む際に気を付けてほしいのが、各メーカーが提言する目安量をしっかりと守るということです。

各メーカーのホームページや商品ラベルにも摂取量についての注意書きがされています。

もっとコラーゲンを取りたいと思って飲み過ぎても逆効果になってしまう恐れがありますので、きちんと摂取量を守って飲むようにしましょう。

コラーゲンドリンクは飲み過ぎると逆効果⁉飲み過ぎた時に現れるかもしれないトラブルとは

コラーゲンドリンクの摂取量を守ろうと既述しましたが、では実際にコラーゲンドリンクを飲み過ぎてしまった場合、どのようなトラブルが起こりうるのでしょうか。

起こるかもしれないリスクをきちんと理解し、正しいコラーゲンドリンクの飲み方を守るよう心得ましょう。

コラーゲンドリンクは飲み過ぎると脂肪になる

コラーゲンドリンクを飲み過ぎてしまった場合、その過剰摂取分が脂肪になるリスクがあります。

コラーゲンは胃の中でアミノ酸に分解されます。

適切な量のアミノ酸であれば、それらはコラーゲンに生成されるのですが、過剰に摂取された分は分解されず、そのまま脂肪になってしまうのです。

それがお腹や腕のセルライトになってしまい、余計な脂肪を生み出す原因ともなってしまうのです。

脂肪を生み出さないためにも、適切な量のコラーゲンを摂ることが大事になります。

コラーゲンの摂りすぎがニキビを引き起こす?

コラーゲンを食事からも摂取したいという方は、食品の種類にも気を付けましょう。

コラーゲンを含んだ食品は美肌にも良いとされる一方、脂質が高めのものが多いです。

過剰に摂取すると脂が溜まって、特にお肌にニキビができてしまう可能性もあります。

コラーゲンを意識するあまりに、食べる食品にあおりが出ないようにしましょう。

ビタミンやタンパク質などもバランスよく摂って、体全体に栄養が巡るような食事を心がけることが大事ですよ。

コラーゲンドリンクでは脂質ゼロの商品も多く販売されているので、ドリンクを上手に活用しながらコラーゲンを摂取しましょう。

-コラーゲンの基礎知識

© 2021 コラーゲンマニア