コラーゲンの基礎知識

コラーゲンは妊娠中・授乳中でも飲める?何歳からOK?大手メーカーの見解を一挙公開

2020年12月16日

コラーゲンドリンクって妊娠中や授乳中でも飲めるのかな?

何歳から飲める?小学生でも大丈夫?
妊娠中に注意すべき飲み物って何だろう

コラーゲンドリンクを飲みたくても、妊娠中・授乳中だと子供に悪影響が出ないか不安ですよね。

飲んでみたら、取り返しのつかないことになった・・・なんてことになったら最悪。

妊娠中・授乳中のコラーゲンドリンクを飲む場合は必ず医師に相談しましょう!

医師の許可が出たら飲んでもOK。

妊娠中はとてもデリケートな時期であり、注意しなければならない飲み物があることを知っていますか?

この記事では

  • コラーゲンドリンクを妊娠中や授乳中でも飲めるかどうか
  • コラーゲンドリンクは何歳から飲めるか
  • 妊娠中に注意すべき飲み物

についてまとめています。

この記事を読めば、妊娠中・授乳中でも安心してコラーゲンドリンクを飲むことができますよ!

妊娠中のコラーゲンドリンクは医師に相談!その理由を解説

妊娠中にコラーゲンドリンクを摂取する場合、必ずかかりつけ医に相談しましょう。その理由について詳しく解説していきますね。

各メーカーの回答をチェック

コラーゲンドリンクは多くのメーカーから販売されています。

各メーカーのサイトにある「質問ページ」では、妊娠中でも飲めるかどうかの回答が載っています。3サイトの回答をそのまま引用しますね。

資生堂の回答

質問:妊娠中でも飲めますか?
疾病治療中や妊娠中のかたは、食事、栄養管理を伴う場合などもありますので、薬の服用の有無にかかわらず、主治医にご相談いただいてからのご利用をお願いいたします。

質問:授乳中でも飲めますか?
体質にあわない場合をのぞいて基本的には問題ありませんが、医師の指導下にあるかたは、主治医にご相談いただいてからのご利用をお願いいたします。

出典:ザ・コラーゲン | 資生堂

大正製薬の回答

質問:妊娠中に飲んでもよいのですか?
ご心配のある方は医師にご相談されることをおすすめします。

出典:アルフェ | ビューティコンク<パウダー> | 大正製薬

エスエス製薬の回答

質問:妊娠中・授乳中に飲んでも大丈夫ですか?
妊娠中の方は、栄養・体調管理が重要です。ご利用についてはかかりつけの医師にご相談、ご確認をお願い致します。授乳中の方の飲用は、基本的には問題ございません。ご心配な場合は、かかりつけの医師にご相談いただくことをおすすめします。

出典:ハイチオール | コラーゲンブライト| エスエス製薬

妊娠中の身体はとてもデリケート

各メーカーでは、妊娠中のコラーゲンドリンクの飲用は医師に相談したほうがいいと回答していますね。

妊娠、出産は病気ではないですが、体にも心にも著しい変化が起こります。

妊娠前よりも食事や栄養、健康管理、体調管理にはかなり気を使わなければなりません。

もし、コラーゲンが体に合わず下痢や腹痛を起こしてしまった場合、流産や早産になるなる可能性も。

そのため、妊娠中に口にするもので心配なものは、必ず医師に相談したほうが良いのです!

授乳中は基本的に飲んでもOK

授乳中はコラーゲンドリンクを飲んでも問題ありません。しかし、体質に合わないこともあるので、心配の方は医師に相談しましょう。

医師の指導下にある方は必ず相談してくださいね。

妊娠中に注意が必要な飲み物

妊娠中に控えるべき、注意が必要な飲み物があるので、参考にしてみてくださいね。

カフェインを含むもの

コーヒー、紅茶、緑茶、炭酸飲料、エナジードリンクなどにはカフェインが含まれています。

妊婦がカフェインを摂取しすぎると子供が低体重になり、将来健康リスクが高くなる可能性が。

だからといって、絶対に飲んではいけないというわけではありません。

厚生労働省では、妊娠中のカフェイン摂取は1日当たり200mgまでに制限するように求めています。

我慢してイライラするくらいなら、少しは摂取したほうがリラックスできてプラスにもなります。

飲みすぎには気を付けるということを覚えておきましょう!

アルコール飲料

アルコールを妊娠中に摂取すると、子供の低体重や胎児性アルコール症候群といった深刻な障害を引き起こす可能性があります。

アルコールの影響は人によって違うので、ここまでなら大丈夫!といった安全値はありません。

妊娠中は飲酒しないようにしましょう。

ジュース

妊娠中に糖分を過剰に摂るのは過度の体重増加につながります。

ジュースには大量の糖分が入っているので、飲みすぎには注意しましょう。

フレッシュフルーツジュースであっても要注意。果糖は中性脂肪になりやすいので気を付けてくださいね。

安全性をチェックしてから飲もう!

アルコール以外、少量飲む程度であれば特に問題ないといえます。

問題なのは「大量に特定成分が入ったものを毎日飲む」ということであり、過剰摂取は危険です。

ノンカフェインの飲み物であっても、種類によっては母体や子供に影響を及ぼすことも。

どんな飲み物であっても、妊娠中に飲んでも大丈夫なのか医師に相談したり、ネットや本で調べてから飲むようにしましょう。

妊娠中におすすめの飲み物

妊娠中は血液量が増えるため、水分補給を意識して過ごすことが大切です。

自分の体にもお腹の子供のためにもやさしい飲み物を摂取したいですよね。

妊娠中におすすめの飲み物について紹介していきます。

水は余分なものが何も含まれていないので、妊婦さんは一番安心して飲めるでしょう。

ただし、冷えた水ではなく、常温で冷たすぎない温度の水を飲むのがおすすめ。

麦茶

麦茶はノンカフェインですし、ミネラルも含まれているので妊娠中の飲み物としては最適です。

麦茶は暑い夏にキンキンに冷やして飲みがちですが、お腹を冷やして下痢や腹痛を引き起こさないためにも、なるべく常温かホットで摂るようにしましょう。

牛乳

カルシウムは妊娠中に積極的に摂りたい栄養素であり、赤ちゃんの骨や歯を作るのに使われます。

牛乳は最も手軽にカルシウムを補える飲み物です。

炭酸水

つわりの時期に飲むなら口の中をさっぱりできる炭酸水がおすすめ。

レモンを入れればビタミンCも摂れますし、おいしく飲めますよ。

糖分の摂り過ぎを避けるため、砂糖が含まれていないものを選びましょう!

コラーゲンドリンクは何歳から飲めるのか

栄養ドリンクなどには何歳から飲めるのか記載されていることがありますが、コラーゲンドリンクは何歳から飲めるのでしょうか。

小学生など子供でも飲めるのか気になりますよね。

コラーゲンドリンクの適正年齢について紹介していきます。

何歳から飲んでもOK

コラーゲンドリンクには適正年齢が記載されていないので、何歳から飲んでも問題ありません。

そのため、小学生や子供が飲んでも大丈夫なのです。

子供は飲む必要はない

コラーゲンは歳を取るとともに減っていきます。

小学生といった子供世代は食べ物から補給する分で十分なので、コラーゲンドリンクを飲む必要はありませんよ。

小学生でコラーゲンドリンクを飲むなんて贅沢すぎですし、もったいないです!

20~25歳から飲むのがオススメ

肌にとって必要不可欠なコラーゲンのピークは20代の前半まで。25歳頃から減少していくとされています。

それまで気にならなかった肌のハリ、弾力のなさ、小じわが気になってきたら、コラーゲンが減少してきた証拠。

コラーゲンドリンクは20~25歳から飲むようにしましょう。

シワやたるみを予防するためにも、なるべく早いうちから意識してコラーゲンを補っていくことが大切ですよ。

-コラーゲンの基礎知識

© 2021 コラーゲンマニア